ツワブキ

艶つや、緑のまあるい葉っぱ。

樹木の根元で勢いよく育っています。

手のひらより大きな瑞々しい葉が美しい。

海岸近くに自生しているそう。

秋から冬に黄色の花が咲きます。


b0169343_1191125.jpg
 
 



+ツワブキ

 科名: キク科
 学名: Farfugium japonicum
 常緑多年草
 下草

◇形態的特徴
 葉の特徴: 濃い緑の光沢がある丸い葉。厚みがある。
 葉の形: フキによく似た丸い葉。 花色: 黄色
 高さ: 10~80㎝
 花の形・着き方: 太い花茎を伸ばして、黄色の花を房状に咲かせる
 花後: タンポポの綿毛のような種ができる

◇植物の特性 
 生育地: 海岸近くの林床や林縁に自生
 原産地: 日本・東アジア原産
 耐陰性: 日陰でもよく育つ
 花時期: 10月~12月
 生育難易度: 幅広い環境で生育する
 品種: 葉に黄斑や白班が入ったもの、葉の表面が縮れた獅子系など、さまざまな品種がある
 食用: フキと同じように食用にもされる

◇管理法や繁殖法
 管理法: 半日陰で、極度な乾燥に注意。丈夫で育てやすく、病害虫の被害も少ないよう。
 定植・植え替え: 春秋
 繁殖: 株分け

◇購入のポイント: なるべく葉色が濃く、艶のあるものを選ぶ。
             班入りや葉型の変わった品種では、特徴のよく表れているものにする。 
◇花言葉: よみがえる愛


b0169343_1192912.jpg



++緑散歩0904 ミッドタウン・ガーデン @東京ミッドタウン
++緑散歩0910 港区立檜町公園
[PR]
by powerlife2 | 2009-04-10 22:02 |
←menu