帝国ホテル 東光庵

日比谷公園の隣にある帝国ホテル東京。4F廊下にある一室のドアを開けると、そこは別世界が広がっています。村野藤吾氏設計、京都表千家の茶室"残月亭" のうつしといわれる茶室。石畳の露地を歩き、屋上庭園の緑を眺めながら10畳の月歩の間で薄茶とお菓子をいただきます。広間を見学した後、4畳半の東光庵の茶室へ。にじり口をくぐり中へ入ると、竹で編まれた天井や窓からほのかに光が漏れ、美しい陰影をつくりあげる落ちついた空間。いつもはこちらでお茶をいただけるそう。ホテルに宿泊している外国の方も立ち寄るそうで、お茶の作法を知らなくても気軽にお茶を楽しめます^^ 茶会で貸切も可。屋上庭園の露地には普段は出られないそうですが、茶会のときには使われているそう。ゆっくり見学させていただき、茶室からホテルの廊下に出ると、一気に現実に引き戻されます(・o・) 


b0169343_21224786.jpg

 



b0169343_21225547.jpg



月歩の間


b0169343_21231272.jpg




b0169343_2123612.jpg




b0169343_2123113.jpg




b0169343_21231885.jpg



帝国ホテルの向かいにある日生劇場も村野藤吾氏設計。
B1Fにある、"春秋ツギハギ 日比谷"でランチした後、少し歩いて出光美術館へ。
帝劇ビルの9階、皇居のお濠に面した眺めのいいロビーがあり、その横に谷口吉郎氏設計の茶室、朝夕菴があります。



+帝国ホテル 東光庵


 




























 
[PR]
by powerlife2 | 2009-07-24 08:38 | 初夏
←menu