No Man’s Land ノー・マンズ・ランド @フランス大使館旧庁舎

広尾にあるフランス大使館のリニューアルに伴い、取り壊し前の旧庁舎が公開され、アートイベントが行われています。元は徳川伯爵所有だった地。徳川家の古い洋館は徐々になくなりましたが、広大な緑地は引き継がれたのだそう。旧庁舎は1957年にジョゼフ・ベルモンによる設計で建てられた地下1階、地上3階の建物で、隣に1960年代に建てられた別館があります。普段は中に入ることのできない大使館の緑豊かな庭と建物を使った、日本、フランスを中心に70人ほどのアーティストによるインスタレーション。隣に建てられた新しい大使館と旧庁舎をつなぐかのようなゲートをくぐると、アプローチには地面やまわりの植栽まで一緒にペインティングされたプジョーが! みかんぐみによる旧大使館で使われていたキャビネットのリユースプロジェクト~日本風庭園のエントランスの壁にはマリオのペインティング~中庭に面したラウンジは伊勢谷友介氏とリバース・プロジェクトが手がけたリバース・カフェ。テーブルにはリサイクルされた建具や解体された廃材などが使われていたりしていいかんじ。さらに作品は多数ある事務室のほか、廊下、階段、地下室、トイレ、中庭、屋上など、旧庁舎のあらゆる空間へとつづきます。今は誰もいなくなった事務室には全面窓からあたたかな光が差込み、窓のフレーム、造りつけの棚、サインやメールボックスなど、年月を経て使いこまれてきた建物にみんなで別れを告げるかのような時間。日本とフランス、さまざまな人や歴史、文化が交差する時空を越えた空間・・・取り壊された後、跡地にはマンションが建つそうです。イベント期間中、アーティストによっては現場にアトリエを構え、創作活動をしているので、制作過程を見ることができたり、ワークショップもあるそう。部屋数も多く1回でみるのはたいへんかも。もう一度見にきたい~


b0169343_20261893.jpg







b0169343_229242.jpg




b0169343_22195213.jpg




b0169343_2293948.jpg




b0169343_1114277.jpg




b0169343_2294542.jpg




b0169343_2295079.jpg




b0169343_229554.jpg




b0169343_2210054.jpg




b0169343_2210490.jpg




b0169343_22231563.jpg




b0169343_117450.jpg




b0169343_22101889.jpg




b0169343_22102534.jpg




b0169343_22103043.jpg




b0169343_22103833.jpg




b0169343_22104332.jpg




b0169343_22104917.jpg




b0169343_2210565.jpg




b0169343_2211366.jpg




b0169343_2211950.jpg




b0169343_22111565.jpg




b0169343_22112175.jpg




b0169343_22112835.jpg




b0169343_22113420.jpg




b0169343_22114127.jpg




b0169343_22115177.jpg



No Man’s Land(ノー・マンズ・ランド)@フランス大使館旧庁舎
 ☆09/11/26-10/1/31  ※2/18まで延長


 
[PR]
by powerlife2 | 2009-12-26 22:12 |
←menu