旧安田庭園

しとしと雨の降る5月の週末、両国駅から少し歩いたところにある旧安田庭園にいってきました。1701年、常陸笠間藩主、本庄因幡守宗資の下屋敷として築造された庭園。明治に入り、安田財閥の創始者、安田善次郎氏の所有になり、現在は墨田区により管理されています。池を中心にした池泉廻遊式庭園。かつては隅田川の水を引入れ、東京湾の潮の干満によって景観が変化したという潮入の庭です。池の中には飛び石があり、水面が低くなるとまたちがった景色が楽しめそう。現在はポンプにより人工的に水の満干を再現しているそうです。雨の庭園は石が艶めき、いつもとはちがうしっとりとしたいい雰囲気。大きく育った樹木の背景には、国技館やドーム屋根の両国公会堂が見え、庭園の緑となじんでいます。コンパクトな庭園ですが、天気のいい日にはゆっくり散歩できそうな場所です。



b0169343_2144634.jpg

  



 
b0169343_214418100.jpg





b0169343_21445459.jpg





b0169343_21442576.jpg





b0169343_2144378.jpg





b0169343_21444692.jpg





b0169343_21451518.jpg





b0169343_21453262.jpg





b0169343_21454087.jpg




+旧安田庭園(墨田区Web


 
潮入の池
++東京緑散歩 清澄庭園
++東京緑散歩 浜離宮恩賜庭園
[PR]
by powerlife2 | 2010-06-12 20:20 |
←menu